VIO脱毛の痛みを軽減する対処法

もう耐えなくても大丈夫?VIO脱毛の痛みを和らげる方法があった!

オッケーをする笑顔の女性
クリニックやエステサロンでVIO脱毛をするなら、できる限り少ない痛みですませたいと思いませんか?

 

自分で注意できる痛み軽減の方法からあまり知られていない技まで、痛み無く脱毛に通いたいという人はぜひ参考にしてくださいね♪

 

体調不良の時は避ける!

まずは基本!

 

睡眠不足や風邪気味など体調が良くない時は、お肌もデリケートになっています
そんなときに無理して脱毛に行ってしまうといつも以上に刺激を感じるので当然痛みも増します。

 

また、施術中に痛いだけでなく施術後にいつもより赤くなったり肌トラブルの原因にもなりかねません。

 

脱毛に行く日は自分の体調に合わせ、無理せず通うようにしましょう。

生理前、生理直後は避ける!

こちらも女性なら納得だと思いますが、生理前後はお肌も含め身体が非常に敏感になっています。

 

個人差はありますが「生理前はよく肌荒れする」なんて人は特に、余計に痛みを感じることにもなりかねません。

 

「いつもはそんなに痛くなかったけど、たまたま生理前に行ったら激痛だった…」なんて体験談もあるようなので、生理前後は脱毛も避けたほうが無難でしょう。

脱毛部位の潤いを保つ

基本的に「お肌が乾燥していると脱毛の痛みも増す」と思ってください。
乾燥というのは、お肌のバリア機能が弱くなっている状態なので外からの刺激にも弱く痛みを感じやすくなります。

 

あまり乾燥しすぎていると脱毛に行ってもレーザーの出力を下げられてしまったり、特にひどい乾燥肌の場合サロン側に照射を断られることもあります。

 

痛みを減らすためにも、きれいに脱毛するためにも、脱毛する箇所は普段からボディクリームを塗るなどして潤いを保つのが得策。
最近はデリケートゾーン専用の保湿オイルやクリームなども充実しているので、ぜひ利用することをおすすめします。

脱毛中に冷却を申し出る

脱毛の施術中に痛みに耐えられなくなった時は無理せずに痛みを訴えましょう。
あまり知られていないかもしれませんが、実はレーザーの照射をいったん止めて冷却してもらうことが可能です。

 

脱毛の痛みは高熱のレーザーの熱さによるものなので、保冷材で冷却してもらうことで大分和らげることができます。

 

丁寧なスタッフだと「痛いですか?」「大丈夫ですか?」などと話しかけながら照射してくれるので、申し出やすいですね。

マシンの出力を下げてもらう

脱毛に使用している機器はパワー設定が可能なので、申し出れば温度出力を下げてもらうこともできます
その分脱毛の効果も落ちてしまいますが、パワーが下がったほうが痛みも減ります。

 

施術中に痛くて耐えきれなくなった場合に言うか、終わってから申告して次回から少し低いパワーにしてもらうこともできます。

 

初めてのVIO脱毛はそれでなくとも痛みを感じることが多いのですが、2.3度目でも痛くて仕方ない場合は一度相談してみるのも手です。

最終手段!麻酔を使う

「何をしても痛みには耐えられない!」もしくは「怖くて初めからどうにかしておきたい!」という人には、最終手段、麻酔を使用してもらうという方法があります。

 

医療脱毛の場合医師が常駐しているので麻酔の使用が許されています。
クリニックによって使用される麻酔も異なりますが、どうしても我慢できないという場合はまずは相談してみてください。

 

クリニックで使用される主な麻酔の種類

  • 笑気麻酔
  • 麻酔クリーム
  • 麻酔テープ
  • 静脈麻酔

 

(※麻酔は医療行為のため、エステサロンでは行うことができません。クリニックのみの対応です。⇒VIO脱毛でおすすめのクリニックはこちら

 

おまけ 事前にできる事

初めての脱毛で不安な人向けに、事前カウンセリングの際にテスト照射というサービスもあります。(実施の有無は店舗によります)

 

それ以外にも「ワンコインで1回お試し脱毛」などのキャンペーンを行っているサロンも多いので、不安がある場合は申込みをする前体験してみるのもいいですね♪

 

痛みの少ないVIO脱毛ができるお店はこちらでチェックできます